悩む女性と黄色のカプセル
カプセルが乗っているスプーン

アフターピル(緊急避妊ピル)とはホルモン剤の一種で、性交渉の後に服用することで望まない妊娠のリスクを回避する薬です。
性交渉中に避妊が十分でなかったと気づいた場合や無理矢理避妊なしの性交渉をされた場合に特定の方法で72時間(3日)以内に服用すると、薬の飲み忘れ等がなければほぼ確実に望まない妊娠を防ぐことができます。
アフターピルの処方は産婦人科の受診が必要で、大抵は問診後にすぐに処方されます。
事件性のある緊急避妊が必要な場合は、警察で処方を受け付ける場合もあります。
処方される場合は年齢制限はなく、妊娠可能な年代の方なら誰でも服用が可能です。

このように書くと「こういう便利な薬があるのなら、何もいつも避妊しなくても性交渉の後にアフターピルを飲めば良いんだ」と思われるかもしれませんが、アフターピルはあくまで「緊急的な避妊」です。
アフターピルは女性の身体に負担がかかる場合があり、副作用として吐き気・嘔吐・頭痛があり、服用後は大半の方が生理が早く来るのですが、中には生理が遅くなる方もいます。

処方には保険が適用されません。
「身元を知られたくない」という時には助かると思いますが、同時に費用はその分高くなるのでご注意下さい。
それでも、人工妊娠中絶時の母体の負担や費用から考えたら、アフターピルを利用する方が格段に安全ですし費用も少なくて済みます。

アフターピルでの避妊は「妊娠しないための最終手段」であり「緊急的な処置」となります。
便利とはいえ女性の身体に少なからず負担はかかるので、何らかの事情で妊娠を望まない方であれば、毎日飲むタイプのピルの服用やコンドームを使った避妊法を利用していただいて、本当に緊急の場合のみアフターピルを利用して望まない妊娠を防いで下さい。